実績ホームページ

ホーム  >>  マーケティング   >>  決済方法 

HP_決済方法  

決済方法は選択肢を複数用意する。

お客様が決済方法を選べて、安心して取引ができるように。 

*

ネットショップで、いざ買おうと思った時に、決済方法が銀行振り込
しかなかったら、その時点であきらめてしまうお客様もいるかもしれません。
すぐに届けてほいいのに、銀行に行ってお金を入金し、その入金確認後、
発送では時間と手間がかかりネットショップの利便性が半減します。

 

お客様にとって代金前払いの不安もあります。
伝えることが大切です。

その点、クレジット決済や代金引換は、お互い安心して取引で早く対応できます。 

クレジット カード

決済代行サービスも検討してみてはいかがですか。

カード利用

 

お客様に決済フォームでクレジットカード番号を入力し

クレジット会社あるいは決済代行サービスの承認後

決済が完了します。

自宅に居ながら決済ができ、現金がなくても
買い物ができて分割もできるため、利用者が多い。

クレジットカード いろいろ

しかし、実績のない個人がクレジット会社と契約しようとしても断られることが多い。 

その場合、決済代行サービスを利用しましょう。 

決済代行サービスの紹介

決済代行ドットコム http://www.kessai-daiko.com

運営サイト内容や、導入サービス、システムにより費用が異なる。

個人事業主でも契約可能。クレジットカード

ゼウス http://www.cardservice.co.jp

運営サイト内容や、導入サービス、システムにより費用が異なる。

個人事業主でも契約可能。カード・銀行振り込み・電子マネーなど

ゼロ http://www.zeroweb.co.jp

運営サイト内容や、導入サービス、システムにより費用が異なる。

個人事業主でも契約可能。カード・銀行振り込み・電子マネーなど

銀行振り込み 

銀行口座を開設し、お客様にその口座に振り込んでもらいます。

入金確認後の発送になります。

ネットバンキングを利用すれば、ネット上で入金を確認することができる。

目的以外にしようすることを禁止している。

郵便振替 

郵便局で郵便振替口座を開設します。銀行に比べて振り込み手数料が安くなります。

代金引換 

配送業者や日本郵便の配達ドライバーに、商品配達時に商品と引き換えに代金を回収してもらう方法。

配送業者の場合には、事前に契約し、代金を振り込む口座を開設置おく必要がある。

代金引換にはその都度、別途手数料が発生し、通常お客様負担になります。

 

コンビニ決済 

主に商品と一緒に振り込み用紙を発送し、お客様がその振込み用紙をコンビニの、店頭にもって行き

代金を支払う方法です。

銀行に行く時間がないお客様にとって便利な方法です。