実績ホームページ

ホーム  >>  マーケティング   >>  ホームページの配送方法 

配送業者を選ぶ  

配送はどうする?

お客様の為になることを優先。送る商品に合う配送業者に依頼しましょう。 

ネットショップでの梱包や配送手配は大切なことです。
きちんとした状態でお届けできることを前提に梱包・配送業者を選ぶこと。
配送料はお客様負担が一般的ですから、なるべく安い配送方法を選ぶ。、
メール便など補償なしの配送なら手軽な料金です。

壊れやすい物や高額な商品には多少高額でも補償がある配送方法に。

配送会社

配送業者と契約するメリットとは

代金引換が使える。

現金での代金引換回収に加え、配送時のカード決済も可能

支払い方法の幅が広がります。

配送料金が下がる可能性がある。

配送個数が増えれば値引きの可能性あり。

売掛ができる。

毎回配送料を支払うのではなく、月末ごとにあとでまとめて決済できる。

佐川急便やクロネコヤマト運輸契約すると、配送伝票の発行ソフトなどを無料で用意してくれる。

印字された伝票を使う事ができる。

契約には審査がありましがメリットも大きいので、契約を検討してみてはいかがでしょうか。

 

日本郵便http://www.post.japanpost.jp/

小さなものや補償なしでも送れる商品なら、日本郵便のEXPACK500がおすすめ。

 

ヤマト運輸http://www.kuronekoyamato.co.jp/

コンビニなど集荷の受付場所が多く、又1個からでも集荷に来てくれる。

大きなものを送るときや時間のない時に便利。

佐川急便http://www.sagawa-exp.co.jp/

通販事業者向けのサービスが充実。

代金引換サービスでは、現金だけでなくクレジットカード決済にも対応。

JPエクスプレスhttp://www.jpexpress.jp

大型荷物や海外への発送も可能。

貴重品の発送時に充実のセキュリティーサービスも充実。

配送サービス チェックポイント

料金体系

荷物の大きさや重さ、距離によっても料金はかわってきます。

それぞれの配送業者のホームページで料金体系を確認しましょう。

代金引換サービスがあるか 

配送業者に支払う手数料も比較検討。

 

配送時間帯は指定できるか

お勤めされている方、自宅に不在がちな方にとって、配送時間が細かく指定できるか。

 

配送時間帯は指定できるか

お勤めされている方、自宅に不在がちな方にとって、配送時間が細かく指定できるか。