実績ホームページ

ホーム  >>  企画モノ   >>  企画発想方法 ステップ 2

企画もの / 特集コンテンツを作る 発想方法   ( ステップ 2 ) 

コンビニ / 書店 には企画の宝庫 / 女性誌から学ぶ特集!

ライバルのお店・会社に差をつけるため特集コンテンツは必須課題 

ホームページ 特集コンテンツ

女性誌などは理屈ではなく直感的な表現で訴える場合が多い。
その表現手法は、限られたスペースと限られた時間で勝負するという
ホームページの世界と共通する部分が多い。
どの雑誌も、その季節における読者の関心を誘うような見出になっている。

 

お客様を多く獲得するためにホームページを少しづつ変えましょう。

女性誌コンテンツ ・ 見出しの例

 

春・・・・・運命の出会いをモノにする恋愛勝利の方程式。

夏・・・・・今からでも間に合う! 30日簡単ダイエット。

秋・・・・・トレンドも気になるアノ人も逃さない注目・秋のファッション。

冬・・・・・もうすぐクリスマス。彼がよろこぶ超穴場レストラン&ホテル

時間がない人のためにコンビニのホームページも参考に。キャッチコピーなど

セブンイレブン    http://www.sej.co.jp/

ファミリーマート    http://www.family.co.jp/

ローソン        http://www.lawson.co.jp/index.html

サークルKサンクス   http://www.circleksunkus.jp/

 

オーナー様・スタッフ方々お店・会社を良くするために企画を。

ホームページを企画するにあたってシーズンやトレンドに合わせて、

限りなく (読者・お客様の視点や感覚) に歩み寄って考えましょう。

女性誌がホームページの企画・特集に役立つ3つの理由。

 

アクセス者の関心や理解を深めるために特集は必要。

1.理屈ではなく、直感的でわかりやすい表現で訴えている。

2.読者目線を徹底しており、関心や興味を抱かせる丁寧な説明がある。

3.シーズンやトレンドを意識し、記事が即有効活用できる内容になっている。

業界別・特集コンテンツのアイデア例の紹介

住宅販売・・・・・・・

 

中古車販売・・・・・

 

美容室・・・・・・・・・

 

接骨院・整体院・・・

 

エステ・・・・・・・・・

同じ予算でワンランク・ツーランク上の家を建てる10のテクニック。

 

中古車屋さんが教える、長く乗れる1台を探す堅い中古車選び

中古車のチェックポイント10。

トップスタイリストが教えるタイプ別・自分に1番に合うヘアースタイルの見つけかた。

 

1日10分で楽になる。寝る前にできる簡単ストレッチ

 

まつ毛パーマで、あなたのラッキーカラーを教えます。

 

いずれの特集コンテンツ企画も、自社商品を売り込もうとせずに、アクセス者に対して有益な情報を

提供する基本姿勢がみられます。

また、親しみやすいアプローチ手法で思考されています。

 

このような情報を掲載することで、アクセス者の意識も変わります。

ホームページをご覧のアクセス者の意識の変化。

 

 

一見、購買やお問い合わせに直結しないように見えますが、ライバルのお店や会社が構築していないから

こそ力をもって特集コンテンツは発揮する。

自社商品やサービスを高め、理解を深めさせ信頼を獲得し、お問い合わせや購買に一歩ずつ近づける。

ボクシングでいうとボディーブローのように効いていく効果があります。

時間をかけて得た信頼は不動です。ぜひ、基本コンテンツに加え特集コンテンツの企画を。

 

さて、まとめてみましょう。

  

特集コンテンツの基本発想は、女性誌の特集記事に学ぶ。

特集コンテンツは、自社商品の売り込みはせずに、アクセス者にとって有益な情報提供を心がける。

特集コンテンツは、アクセス者と時間をかけて信頼を構築するためもものと心得る。