実績ホームページ

ホーム  >>  ホームページ用語   >>  SSL とは

SSLってなに?・・・安心安全鍵暗号方式 

初心者のための入門

SSL(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上で通信を暗号化する技術です。 

安全SSL

住所・氏名といった個人情報や、クレジットカード番号、

各種パスワードといった重要な情報が、インターネット上

では毎日頻繁に送受信されています。

一方で、それら重要情報を狙う通信データの盗聴などの

インターネット犯罪が増えており、「安全性」はウェブサイトが

備えるべき必須条件といえます。

そこで求められるのが、世界標準のセキュリティ技術、

SSL(Secure SocketsLayer)です。

▲ top戻る

安全な通信手段

お客様の情報を守る SSL

お客様の94%がSSLを望む。

SSL(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上で通信を暗号化す

る技術です。SSLを利用してパソコンとサーバ間の通信データを暗号化

することで、第三者によるデータの盗聴や改ざんなどを防ぐことができ

ます。

secure sockets layer

さらに詳しくデーター通信の暗号化 SSL

鍵暗号方式

SSL機能によってブラウザとサーバ間の通信データを暗号化します。

これにより、第三者によるデータの盗聴を防ぎ、データを安全に送受信できます。

SSLサーバ証明書のお申込み準備の際、SSLを導入するサーバで「公開鍵」と「秘密鍵」を生成します。

SSLサーバ証明書には「公開鍵」が含まれ、この公開鍵を使って暗号化したデータは、同時に生成した

「秘密鍵」が保管されるサーバでのみ解読できます。

ウェブサイト訪問者はSSLサーバ証明書に含まれる「公開鍵」を利用して入力情報を暗号化し、

第三者からの盗聴を防ぎます。情報がサーバに到着した後は、秘密鍵を使って解読できるという仕組み

です。